長野県内で新たに「新型コロナウイルス」の感染者が発生したことがわかりました。

感染が確認されたのは、伊那保健所管内の30代男性です。男性は、今月4日に倦怠感を訴え、8日に保健所に相談、医療機関を受診しました。10日に再び保健所に相談し、別の医療機関を受診、検体を採取し入院しました。そして、きのう、感染症指定医療機関に転院、きょう「陽性」が判明しました。

県によりますと、同居家族の1人が都内から帰省後、3月末に発熱があったということです。濃厚接触者は、現時点でこの1人を含め同居家族6人とみており、現在、検査中としています。

また、男性は発症後、今月6日に出社し早退していたということです。県は、職場の同僚との接触の有無や男性の行動歴などについて調べています。

県内では、これで29人目の感染者です。(4人退院)

(画像 提供:国立感染症研究所)