国会では、参議院決算委員会が行われていて、野党側は、「95歳まで生きるには夫婦で2,000万円の蓄えが必要」と試算した金融庁の報告書について、政府の対応を追及している。

立憲民主党・蓮舫副代表「総理、日本は、一生懸命働いて、給料をもらって、勤めあげて退職金をもらって、年金をいただいて、それでも65歳から30年生きると、老後2,000万円ないと生活が行き詰まる、そんな国なんですか」

安倍首相「これは、金融庁から発表された数字なんだろうと思いますが、これは不正確であり、誤解を与えるものであったと」

「金融庁の報告書は不正確」との認識を示した安倍首相に、立憲民主党の蓮舫副代表が、「年金100年安心は、うそだったのか」と畳みかけると、安倍首相は「そうではない」と反論したうえで、「今年度の公的年金の支給額はプラスに転じた」と強調した。

一方、質疑の中で、麻生財務相は、金融庁の報告書を冒頭の一部しか読んでいないと答弁したため、場内からは激しいヤジが飛ぶなど、政府は釈明に追われている。