「メイプル超合金」が、AI(人工知能)にまさかの命名。

人気お笑いコンビのメイプル超合金が「音楽かけて」と話しかけていたのは、日本発のAIスピーカー「QuUn」。

呼びかけることで、照明やテレビなど家電を操作でき、天気を予報してくれるなど、今大注目のAIスピーカー。

日本生まれの「QuUn」には名前がつけられるということで、事務所の先輩をチョイス。

カズレーザーさん(34)が「一番尊敬する竹山さんを」と話すと、安藤なつさん(38)は「『さん』小せえな!」とツッコんだ。

カンニング竹山さん(48)の「タケヤマ」と命名した。

「竹山!」「おい竹山!」などと乱暴に話しかけても反応しなかったため、カズレーザーさんが「竹山初めまして」と声をかけると、AIは「はじめまして。タケヤマです」と反応した。

それにカズレーザーさんは、「(態度ではなく)イントネーションが違ったんですね」と話した。

そして、カズレーザーさん、本名が「令和」と逆の「和令」のため、仕事も増えたのでは?

カズレーザーさんは、「全然、影響がない。平成と何も変わってない。『これは忙しくなるぞ』と思ってから、スケジュールに変動がない。変に変化を求めるより現状維持。一番好きな言葉が『現状維持』」と話した。