岡山市に拠点がある社会人野球チーム、シティライト岡山が7日、シーズン開幕を前に岡山市の最上稲荷で必勝を祈願しました。

必勝祈願に訪れたのは、桐山拓也監督をはじめ選手やチーム関係者ら9人です。

今シーズンで創部15年目となるシティライト岡山ですが、昨シーズンは都市対抗野球大会の中国地区予選で敗れ惜しくも本大会への出場を逃しました。

2022年、9人の選手を新たに迎えたシティライト岡山。悲願の全国大会、ベスト8進出に向け決意を新たにしていました。

(シティライト岡山 丸山高明主将)
「今年こそはベスト8に行けるようにと願った。ピッチャー中心に全国的にもいい選手が入っているので期待している。」

シティライト岡山は、4月上旬に高知で今シーズン初の公式戦を迎えます。

岡山放送
岡山放送
メディア
記事 1091