東京都の休業自粛要請の詳細が発表された。

都では、営業が認められた美容室だが、福岡ではクラスター感染の可能性が。
自粛の線引きに問題はないのか。

東京・小池知事「この1カ月、総力を挙げて、なんとしてでも、8割抑制を目指していきたい、目指さなければならない」

4月10日の1日で、これまでで最も多い189人の感染が確認された東京。

10日の小池知事の発表で、休業をめぐって、国と都の間で隔たりが大きかった理髪店と美容室は、対象から外れた。

早速、営業再開に向けた動きも。

11日からの営業再開を決めた都内の美容室「ヘアアトリエ ディアローグ ラズ」。
予約の電話が鳴り響いていた。

ヘアアトリエ ディアローグ ラズ・山田憲一郎店長「(予約が)30件くらい来てる。ありえないですね」

室内を消毒するなど、感染防止対策を行い、準備を整えている。

しかし、ここに来て、美容室でのクラスター発生が疑われるケースが。

その場所は、福岡・豊前市。

店を訪れた40代の母親と1歳未満の息子など、3人の感染が確認された。

この美容室では、経営者を含め、5人の感染が確認されたことに。

この報道に、営業再開の準備をしていた都内の美容室では...。

ヘアアトリエ ディアローグ ラズ・保坂勇太シニアディレクター「そうなんですか。それはちょっと初耳ですね。人ごとではないなと、すごく感じますね」

東京都が休業を要請するのは、カラオケボックス、映画館などの劇場、スポーツクラブなどの運動施設など。

一方、当初は対象とされていたホームセンターは、除外になった。

飲食店については、営業時間を午前5時から午後8時までに。

止まらない感染拡大。

緊急事態宣言をめぐっては、対象7都府県以外でも動きが。

愛知県は10日、県独自の緊急事態宣言を出し、隣の岐阜県は、非常事態宣言を出して、県民に不要不急の移動の自粛などを求めた。

また京都府も、国に緊急事態宣言を出すよう要請。

こうした中、緊急事態宣言が出ている千葉県の隣、茨城県である騒動が。

県立日立一高の3年生の有志が、ストライキを起こした。

休校していない学校があることへの危機感から、県内すべての県立高校の一斉休校を求めた。

実はこの茨城県、25日前までは感染者がゼロだったが、今や全国で12番目に多くなっている。

7都府県への緊急事態宣言以降、東京や千葉から人が流れてくるという。

茨城県民「千葉から、こちらに流れてきて娯楽やってる。よくないよね。パチンコとか、千葉でこれだから、茨城(休業要請)なってないから」

さらに、感染者ゼロをこれまで維持していた岩手と鳥取、島根のうち、9日になり、島根県で初の感染者が確認された。

これに危機感を強めているのが、隣の鳥取県。

鳥取県庁では、段ボールの仕切りなどの対策を講じていたが...。

鳥取県民「隣の県なので、(新型コロナウイルス)鳥取も入ってくるんじゃないか」、「怖いですよね。時間の問題なんじゃないかと」

もう1つの感染者ゼロの岩手でも...。

岩手県民(40代)「マスクもなかなかなくて、できない状況なので、困ってます」

岩手県民(10代)「東京脱出みたいな感じで、岩手で(感染が)発生していないから、(県外から)人が来るんじゃないか心配」

そして、東京都が当初、休業要請の対象とする予定だった居酒屋。

店主は、小池知事の会見を食い入るように見つめていた。
酒の提供は、午後7時までとなった。