医療崩壊への懸念が叫ばれている中、新型コロナウイルスの陽性判定を受けたばかりなのに、10日に退院した男性がいる。

その男性が、FNNの取材に応じた。

思ってもみなかった、新型コロナウイルス陽性。
そして隔離された入院生活。

新型コロナウイルスで入院していた、渡辺一誠さん(40)「39度以上(熱)がずっと続いたりするので、最高40.3度くらいまで上がりました」

都内に住む40歳の渡辺さんは、2週間の入院生活を経て、10日に退院した。

しかし、最後の検査の結果は。

渡辺一誠さん(40)「(検査はいつ?)おとといの朝が最後の検査で、思いっきり陽性だったということで」

陽性判定が出たばかりなのに、退院。

渡辺一誠さん(40)「直接、ドクターが来て説明してくれた。実は、体も元気だし、自宅待機というのが、保健所の方で認められたと。病院にいた方が絶対安全なので、病院にいるべきかなと思ったんですが、(医師との話で)『ご存じかと思うんですけど、病床が足りてなくて』という話もでました。病床を空けないといけないという責任感が出てきて、退院しようかなと」

陽性のままかもしれないのに、自宅に。

実は厚労省は、医療崩壊への懸念から、高齢者などを除く軽症者について、検査の結果が陽性でも、宿泊施設や自宅での療養を原則としている。

渡辺一誠さん(40)「(不安は?)めちゃくちゃ複雑ですね。その制度自体に。僕自身には症状もないので、ほぼ自宅にいれば済む。外に出なければいいだけなんで。でも一定数、変なことをする人も出てくるじゃないですか。自宅待機の人が外に出て事件を起こすという。愛知県でもあったと思うんですけど、この行政はという感じですね」、「(自宅までは歩いた?)歩きました」

これから待っているのは、コロナ陽性判定を受けたままでの2週間の自宅待機。

渡辺一誠さん(40)「(家を出る際の説明は?)いや、だめですよね、それでも」、「(食事はどうするのかの確認は?)何もされてない」、「(人によっては、家を出ていますよね?)出てる人もいると思う。100%いると思います」

渡辺さんは2週間後、再び保健所でPCR検査を受ける予定だという。