柴崎選手が地元青森県野辺地町を表敬訪問

ワールドカップでの活躍と結婚報道でまさに“時の人”となったサッカー日本代表の柴崎岳選手。

12日に女優の真野恵里菜さんと近く結婚することが報じられた柴崎選手の地元・青森ではすでに祝福ムード。

本人はいたって冷静に沈黙を貫く中、13日、地元青森県野辺地町を表敬訪問し、ワールドカップで使用したスパイクなどを寄贈。報道陣の取材にも応じた。

しかし、まさかの“プライベートの質問はNG”

柴崎選手は、「僕自身はそんなにメディアのみなさんの前で話すことは数少なくていいんじゃないかな、と思っているので、皆さんが野辺地に来ることに感謝したいし、これからも注目してくれたらいい」などと話し、この日は正式に結婚を発表することはなかった。

柴崎選手“おめでとう”の掛け声に表情を変えず

“おめでとう”の掛け声には表情変えず

しかし、そんな柴崎選手が姿を見せると、地元の人からは「結婚おめでとうございます!」「おめでとう!」などと報道陣にかわり、“結婚”についてナイスアシスト!

ただ“おめでとう”の掛け声には表情を変えなかった柴崎選手

13日にあらためて真野さんの所属事務所に結婚について確認すると「現状、ご報告することはございません」としている。


(「プライムニュース イブニング」7月13日放送分より)