プレスリリース配信元:株式会社グローバルインフォメーション

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「無水マレイン酸の世界市場 (~2026年):原料 (n-ブタン・ベンゼン)・用途 (不飽和ポリエステル樹脂 (UPR)・1,4-ブタンジオール (1,4-BDO)・潤滑油添加剤・コポリマー)・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を1月27日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/mama1045937-maleic-anhydride-market-by-raw-material-n-butane.html




無水マレイン酸の市場規模は、2021年の28億米ドルからCAGR4.2%で成長し、2026年には34億米ドルに達すると予測されています。自動車産業におけるUPR(不飽和ポリエステル樹脂)の需要増加、建設・風力エネルギー産業の高成長、最終用途産業における1,4-BDO(ブタンジオール)の需要拡大などが主な推進要因となっています。バイオベースの無水マレイン酸の商業化は、市場の大きな成長機会となっています。アジア太平洋地域は、無水マレイン酸の主要市場であり、同時に最も急速に成長している地域でもあります。 一方、欧州は世界第2位の無水マレイン酸市場であり、北米がこれに続きます。


無水マレイン酸市場は、COVID-19パンデミックにより、サプライチェーンの混乱と原油価格の下落による影響を受け、マイナス成長を示しています。これは、自動車部門の需要が減少したことに起因しています。同市場は、自動車および産業部門に大きく依存しています。

アジア太平洋地域では、インド、バングラデシュ、スリランカなどの南アジア諸国や中央アジア諸国で自動車交通量の減少が見られ、無水マレイン酸の需要が減少しました。アジア太平洋地域の無水マレイン酸市場では、中国が高いシェアを占めており、当初はパンデミックの影響を大きく受けました。何百万人もの人々が隔離され、ほとんどの主要都市で渡航禁止や監禁措置がとられたため、中国に依存するすべてのサプライチェーンが停止し、中国の石油の生産量が減少しました。また、労働力にも影響が出ており、深圳や上海などの多くの港が閉鎖されています。しかし、3ヶ月間の封鎖期間を経て、中国は回復の兆しを見せています。ほとんどの企業が営業を再開しており、無水マレイン酸の需要の回復が見込まれています。その他の発展途上国でも、大規模なワクチン接種活動の展開後、2021年の自動車生産を加速させています。

牽引要因:自動車業界でのUPRおよび1,4-BDOの需要増加

乗用車や商用車の販売台数の増加に伴い、自動車産業における無水マレイン酸の市場が拡大しています。無水マレイン酸は、UPRの原料として使用され、クロージャーパネル、ボディパネル、フェンダー、グリルオープニングリインフォースメント(GOR)、ヒートシールド、ヘッドランプリフレクター、ピックアップボックスなどの自動車用複合材料の製造に使用されます。また、無水マレイン酸共重合体は、粘度指数向上剤、流動点降下剤、分散剤などの潤滑油添加剤の製造にも使用されています。乗用車および商用車の販売台数の増加が、無水マレイン酸市場全体を牽引しています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1045937-maleic-anhydride-market-by-raw-material-n-butane.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR TIMES
PR TIMES
記事 44468
データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。