福岡・豊前市の美容院で、新型コロナウイルスの感染者が5人確認され、県は、美容院でクラスターが発生したおそれがあるとみて、くわしく調べている。

豊前市では9日、1歳未満の男の子と母親の40代の女性など、3人の感染が確認され、いずれも3月28日に市内の同じ美容室を訪れていた。

この美容室では、経営者と客などあわせて5人が感染したことになり、県は、クラスターが発生したおそれがあるとみて、濃厚接触者の特定を進めている。

また、福岡市では9日、西区の100代の女性など、14人の感染が確認された。

このほか北九州市では、八児(やちご)小学校の女性教師が感染した。

この小学校では、同僚の感染が確認されていた。

県内の感染者は、累計で250人になり、2週間で20倍以上と急増している。