魅力発信のアイデア 児童が発表 山田町の小学校<岩手県>

岩手県山田町で1月27日、小学生が授業で考えた地元の魅力を発信する方法についての発表会が開かれ、ユニークなアイデアが披露された。

山田町の船越小学校で開かれた発表会には佐藤信逸町長などが出席し、4年生が3つのグループに分かれて考えたアイデアを発表した。
このうち商店街をテーマにしたグループからは、各店舗にカプセル玩具の販売機を置き、町を巡ってもらうための暗号を提示したり、クリアすると景品をもらえたりする仕掛けをつくるアイデアが披露された。

4年生の児童は…
「山田はいいところだと、きれいなところだと教えたいです」
「コロナがなくなったら、皆が商店街に来てほしいと思うし、いろいろなところに行ってほしいなと思う」

佐藤町長は27日の発表を、今後の街づくりの参考にしていきたいと話していた。

岩手めんこいテレビ
岩手めんこいテレビ
メディア
記事 576
岩手県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
×