プレスリリース配信元:Houzz Japan 株式会社

~ 世界中の Houzz コミュニティで最も支持されたデザインとサービスを提供した住まいの専門家に授与されるアワードの2022年度版 ~

世界最大級の家づくりとインテリアデザインのプラットフォームを提供する Houzz Japan 株式会社(以下、Houzz)は、住まいの専門家向けの賞である「Best of Houzz 2022(ベスト・オブ・ハウズ 2022)」を2022年1月26日に発表しました。今年で10周年を迎えるこの賞は、Houzz で活躍している建築家、工務店、インテリアデザイナーなどの家づくりの専門家から選出され、世界で270万人以上いる Houzz の専門家のわずか 3% の最も優れた専門家に贈られます。



Best of Houzz には「デザイン賞」と「サービス賞」があります。「デザイン賞」は、人気のあった建築やインテリアデザインを手がけた住まいの専門家、および施工事例写真を撮影した写真家に贈られます。「サービス賞」は、前年に高評価のレビューを獲得した専門家や Houzz を積極的に活用して素晴らしいサービスを提供した専門家に贈られます。

Best of Houzz を受賞した専門家には、プロフィールページに「Best of Houzz 2022」の受賞バッジが付与されます。このバッジは、Houzz が誇る優秀な専門家であることを示しており、住まい手が仕事を依頼する専門家を選定する際の大事な指標となります。Houzz Pro (https://www.houzz.jp/pro) 会員である専門家は、「自社の特徴」機能を使って、プロフィールや専門家一覧の検索結果で Best of Houzz の受賞をアピールすることができます。

【Houzz Japan 株式会社 代表取締役 加藤愛子のコメント】
Best of Houzz 賞は10年前に Houzz の本社がある米国で始まりました。この賞をこれまで継続できたのも、世界中のユーザーの皆さまの多大なるご支援・ご尽力の賜物であり、深く御礼申し上げます。
昨今の状況により、インターネット上での存在感、そして信頼度はますます重要になりました。また、住宅業界でもオンライン上でつながり、情報のやり取りをして、コミュニケーションを取ることも求められるようになりました。そういった変化に適応するための武器として、この賞のバッジや Houzz のさまざまなツールを専門家の皆さまにご活用いただけると嬉しく思います。
日頃から多くの方々に Houzz をご利用いただいていることは私たちにとって誇りであり、この先もこれまで以上に皆さまのお役に立てるよう取り組んで参ります。

Best of Houzz プログラムの詳細については、下記のページをご確認ください。
https://www.houzz.jp/best-of-houzz

デザイン賞の受賞作品は、下記の特設ページからご覧いただけます。
https://www.houzz.jp/best-of-houzz-2022

【Houzz とは】
Houzz (ハウズ) は世界最大級の家づくりとインテリアデザインのプラットフォームで、部屋の模様替えからリフォーム、リノベーション、注文住宅など、家づくりに必要なあらゆる情報をウェブサイトやアプリで提供し、世界中の「住む人」と「住まいの専門家」を繋いでいます。家づくりに関する膨大なデータベース、活気あるコミュニティ、そして革新的なテクノロジーにより、おしゃれな事例写真を見つけたりアイデアやアドバイスを得たりできるほか、理想の住まいをカタチにできる専門家を探して仕事を依頼することもできます。住まいの専門家は、Houzz Pro (https://www.houzz.jp/pro) を活用することで、マーケティングから案件の管理まで一元管理でき、業務を効率化することができます。Houzz は米国カリフォルニア州パロアルト市に本社を構え、東京、ロンドン、ベルリン、シドニー、モスクワ、テルアビブなど世界中に拠点を置いています。Houzz は Houzz Inc. の登録商標です。詳細については https://www.houzz.jp をご覧ください。

【本件に関するお問合せ先】
Houzz Japan 株式会社 広報担当
メールアドレス:jp_pr@houzz.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR TIMES
PR TIMES
記事 45034
データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。