サッカーの話題です。2月20日に開幕戦を迎えるJ2ファジアーノ岡山。J1昇格を目指すチームに今シーズン加入した期待の新外国人選手が意気込みを語りました。

(川上悠助記者)
「シーズン開幕まで1ヵ月を切ったファジアーノ。外国人選手も合流し、練習に力が入っています。」

昨シーズンは11位に終わったファジアーノ。今シーズンJ1昇格を目指すチームで勝利の鍵を握るのが、チーム新加入の外国人選手です。

(チアゴ・アウベス選手)
「シュート、ドリブル、スピードこの3つが自分の強み。」

J1のガンバ大阪から加入したフォワードのチアゴ・アウベス選手はブラジル出身の29歳。

J1では通算51試合に出場し、持ち前のスピードと鋭いシュートを武器に9得点を挙げています。豊富なJ1経験を武器に、昨シーズン得点力不足が露呈したチームを勝利に導くのか注目です。

(チアゴ・アウベス選手)
「私の目標はチームの助けになること、ファジアーノ岡山のJ1昇格に向けやっていくこと、スタッフや他の選手たち色々な人たちと協力しながら自分のやるべき事を最大限やっていく。」

一方、守備の中心として期待されるのが、オランダ出身のディフェンダー、ヨルディ・バイス選手、33歳です。

身長186センチの屈強な体は守備はもちろん、ゴール前のセットプレーでも存在感を発揮。昨シーズン所属した京都サンガF.Cではディフェンダーながら5得点を挙げ、チームのJ1昇格に攻守に渡って貢献しました。

(ヨルディ・バイス選手)
「ファジアーノにはいい選手がいるし、自分自身もそのクオリティを持っているチームにとってベストになるように貢献していきたい。」

26日から宮崎県でキャンプに入るファジアーノ。期待の新戦力の融合で、チームは上昇気流です。

そのチームは24日、岡山市の大森市長を表敬訪問しました。

北川真也社長や木山隆之新監督、新加入の河井陽介選手ら5人が市役所を訪れ、木山監督が「新しいチームでJ1昇格を目指し全力で戦っていきたい」と意気込みを述べました。

大森市長は「試合で市民が1つになる姿を見たい。J1を目指して頑張ってほしい」と激励しました。

(ファジアーノ岡山 新加入・河井陽介選手)
「開幕から全力でいけるようにこのあと宮崎キャンプで対外試合を通してチームを通して成熟し、そこに自分も加わっていけるように頑張っていきたい。」

(ファジアーノ岡山 木山隆之監督)
「頑張るスタンスを持っているチーム。それを勝利に消化できるように得点を取ること、1点差でも勝ち切っていくこと勝負強いチームになれるよう頑張っていきたい。」

今シーズンの開幕戦は2月20日、ホームでヴァンフォーレ甲府と対戦します。

岡山放送
岡山放送
メディア
記事 982