交通事故で親を亡くした子供たちの就学に役立ててもらおうと、高松市を拠点に活動するユーチューバーが1月24日、香川県交通安全県民会議に寄付金を贈りました。

香川県庁で行われた贈呈式には、高松市を拠点に活動するユーチューバーで県の交通安全キャンペーンのアンバサダーを務める瀬戸内サニーさんらが出席しました。

そして、浜田知事が会長を務める香川県交通安全県民会議に寄付金10万円を贈り、サニーさんには浜田知事から感謝状が手渡されました。

(瀬戸内サニーこと 大崎龍史さん)
「親がいない子供たちは、勉強面とか、心理的不安がすごく大きいと思う。“あなたは1人じゃない”というメッセージも込めて、寄付金を贈った。」

寄付金は図書カードや入学一時金として、県内の交通遺児に贈られるということです。

岡山放送
岡山放送
メディア
記事 1109