大相撲初場所14日目、長野県上松町出身の関脇・御嶽海は前頭7枚目の宝富士と対戦。

立ち合い、強く当たって押し込むと土俵際で粘る宝富士を逃さず最後は送り出しで
勝ちました。

これで12勝2敗。2敗で並んでいた横綱・照ノ富士が前頭6枚目・阿炎に敗れ、優勝争いで単独トップに立ちました。

照ノ富士、阿炎、前頭14枚目・琴の若の3人が3敗で追っています。

2019年の秋場所以来で3度目となる優勝に王手をかけた御嶽海、あす22日の千秋楽で
照ノ富士と対戦します。

長野放送
長野放送
記事 683