WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長は、アメリカのトランプ大統領がWHOへの資金拠出の凍結を検討していることに対し、「新型コロナウイルスの問題を政治利用すべきではない」と反論した。

テドロス事務局長は8日、「遺体の袋をもう増やしたくないなら、問題の政治利用を自制しなさい。新型コロナの問題の政治利用を“隔離”してください」と述べ、トランプ大統領がWHOを「中国寄りだ」と批判して、資金拠出の停止を検討する考えを示したことに、強い不快感を示した。

これに対して、トランプ大統領もあらためてWHOを批判し、「テドロス事務局長は問題を『政治利用』するなというが、政治利用しているのは彼の方だ」と言い返し、応酬が続いている。