新型コロナウイルスの感染拡大で医療崩壊が懸念される中、院内感染を防ごうとする病院の取り組みが各地で始まっている。

医師が問診しているのは、仮設の診察室。

兵庫・西脇市立西脇病院では、駐車場に「発熱トリアージ外来」を設置。
保健所や開業医からの紹介で発熱やせきなどの症状がある患者が来た場合は、隔離して診察することで、院内感染を防ごうとしている。

市立西脇病院の医師「新型コロナの感染では症状が合わないので、耳鼻科へ診察をお願いしようと思います」

さらに、感染の疑いがある患者については、動線を変えることなどで、医療スタッフや、ほかの患者への感染を防いでいる。

市立西脇病院・岩井正秀病院長「近隣の感染症に関しては守っていかないといけないし、院内での感染は、なんとしてでも防がないといけない」

病院は、熱やせきなどの症状が出た時には、まずは保健所や、かかりつけの医者に電話で相談してほしいと呼びかけている。