愛知県警では、剣道の練習でクラスターが発生するなどして、新型コロナウイルスの感染者が、これまでに22人確認され、警察官229人が自宅待機になっている。

愛知県警では8日、新たに4人の感染が確認され、このうち、警務部教養課に所属する50代の男性警察官ら2人は、クラスターが発生した剣道の練習に参加するなどしていた。

残る2人は、第二交通機動隊に所属する20代と30代の男性白バイ隊員だが、クラスターが発生した剣道の練習とは接点がなく、感染経路は不明。

愛知県警の警察官の感染者は、22人にのぼっている。

一連の感染を受け、接触した可能性のある警察官229人が自宅待機になっているが、愛知県警は「感染者は県民と接点がなく、業務にも支障はない」としている。