新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、愛知県は「緊急事態宣言」の対象地域として、追加指定を受ける方向で政府と調整に入った。

愛知県・大村秀章知事「法律に基づく緊急事態宣言の対象地域に、愛知県を指定していただくように要請し、調整に入っている」

愛知県の大村知事は9日午前、緊急会見を開き、緊急事態宣言の対象地域に愛知県を加える前提で、政府と調整を進めていることを明らかにした。

愛知県では、感染経路がわからない感染者が2割ほどと、東京や大阪に比べ低いことなどから、緊急事態宣言の対象地域から外れていた。

しかし、7日から2日続けて感染者数が20人を超えたことなどから、県は追加指定への要請に踏み切った。

また愛知県は、「県独自」の緊急事態宣言を10日午後1時に発令すると発表し、県民への外出自粛などを求めるほか、県独自の緊急経済対策を行う方針。