プレスリリース配信元:株式会社グローバルインフォメーション

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「次世代シーケンシング解析の世界市場規:製品別(サービス、NGS商用ソフトウェア)、ワークフロー別、モード別、リードレングス別、最終用途別、地域別の市場規模、シェアおよび動向分析、セグメント別予測(2021年~2028年)」(Grand View Research, Inc.)の販売を1月18日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/grvi1042953-next-generation-sequencing-data-analysis-market.html




次世代シーケンシング(NGS)解析の市場規模は、2020年に5億6160万米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR15.02%で成長すると予測されています。次世代シーケンサーは、様々な生物学的プロセスに関連するエピゲノムおよびゲノムパターンの研究に効果的に役立っています。また、情報の保存、管理、アクセスに関する問題は、市場に潜在的な研究開発の機会を提供し、結果として市場の成長を促進すると予想されます。ハイスループットシーケンサを使用する研究コミュニティでは、シーケンシング情報の処理とアーカイブのためにLIMS(Laboratory Information Management System)が必要となります。クラウドベースのプラットフォームは、NGSデータの解析時に計算量の多いタスクを処理するのに有利なソリューションを提供し、大規模なNGSデータ解析を行う計算リソースの入手手段となっています。

大規模なNGSデータ解析のためのクラウドベースのバイオインフォマティクスプラットフォームやサービスの開発が、同市場を牽引することが予測されます。BaseSpace、Bina、DNAnexus、LifeScope、GeneSifter、SevenBridgesなどのクラウドベースのNGSツールが市販されており、エンドユーザーがシーケンシング情報を解析するために採用しています。

NGSプロトコルの導入は、特に肺がんや乳がんなどの腫瘍の精密医療に利用されています。また、企業はビジネスを強化するために、低コストのゲノムシーケンスソリューションの開発に注力しています。例えば、2021年10月、Phase Genomics社は、コスト効率の高いゲノム解析用プラットフォームの発売を発表しました。

同様に、業界のステークホルダーは、低コストのソリューションを提供する企業を求めています。例えば、Gencoveraisは、全ゲノムシーケンスの需要に応えるため1,000万米ドルを投じました。同社は、ローパス・ホールゲノム・シーケンシングと独自のSoftware-as-a-Serviceによる計算を統合することで、コストを管理しています。

COVID-19が自然発生的に広がったことで、ゲノムサーベイランスが重視されるようになりました。さらに、この機能を強化することで、ウイルスの変異や呼吸器系疾患に関連するバリアントを追跡するインテリジェントシステムの開発をサポートすることができます。2021年6月、欧州疾病予防管理センターは、感染症に関連するシーケンスデータを収集、分析、共有するための欧州のサーベイランスポータル「EpiPulse」の立ち上げを発表しました。

さらに、企業はこのような監視プラットフォームの展開に取り組んでおり、ウイルスのシーケンスや分析のための堅牢なプラットフォームを提供することができます。例えば、2021年3月、Applied DNA Sciences, Inc.は、SARS-CoV-2の変異体の追跡と検出に関連するプロセスを統合するために、COVID-19用のLinea Genomic Surveillance Mutation Panelの発売を発表しました。

このようなゲノムサーベイランスプラットフォームの認知度と導入率の向上は、将来の健康危機に対処する上で強力な役割を果たし、次世代シーケンシングデータ解析プラットフォームにとって、大きな成長機会となります。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/grvi1042953-next-generation-sequencing-data-analysis-market.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR TIMES
PR TIMES
記事 44478
データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。