“古文に夢中”芦田愛菜「昔と今で意味が違う!」

超名門私立中学校2年生の芦田愛菜(14)さん。
東京・原宿で7月26日に行われたパナップ40周年『パナップ パフェ ショップ』オープニングイベントに登場。
アイスのイメージカラーに合わせ紫色のワンピースで登場した愛菜さんが今、夢中なこととは?

この記事の画像(4枚)


芦田愛菜:
中学2年生になって古文の授業が始まって昔と今だと全然、意味が違う言葉をたくさん知って。
たとえば古文で「やがて」は今だと「すぐに」だったりとか「つくづく」は「しみじみ」だったりとか。
昔の人の言葉とつながったような気がして勉強してて楽しいですね

友達との充実した学校生活の一方、悩みも…

中学校でマンドリンクラブに所属し充実した学校生活を送る一方でこんな悩みも…。

芦田愛菜:
部活も始まって学校にいる時間、友達と話している時間が長くなってきて、家でお母さんや家族と話す時間っていうのは短くなってきてしまっているかなと…

そんな愛菜さんの夏休みの目標は?

夏休みの目標は「河原でバーベキュー」

芦田愛菜:
河原でバーベキューをしてみたいです。みんなで。川で魚のつかみ取りをしてそれを焼いて食べたり。アスレチックあったりしたら、やってみたいなって思ったりします

(プライムニュース イブニング7月26日放送より)