アイケア専門店「目の美容院」フランチャイズ本部を運営する株式会社アップビートは、「目の美容院」を通して、現代人が抱える悩みをを解決したいという思いから、フランチャイズの店舗拡大と店舗運営を続けています。


株式会社アップビートの設立からこれまでの軌跡について、代表の大野木にインタビューをしました。


−設立の背景−

株式会社アップビートが「目の美容院」を始めた背景として、今後起きるであろう「目」に関する問題を見越し、社会問題に発展する前に始めたのがきっかけです。


実際に株式会社アップビートは、1998年に設立しており、今でこそ当たり前となっている「ブルーライトによる視力低下」が社会問題になる前から始めております。


−毎年のように昨年比よりも店舗拡大する理由は?−

現代人が、目に関する悩みを抱える前から今後起きるであろう社会問題を事前に察知し始めた「目の美容院」。


PCの普及、スマートフォンの普及、さらにはコロナ禍によるオンラインの急速な普及など、年々ブルーライトを始めとする目にまつわる課題が生まれています。

さらには、ブルーライトや眼精疲労など現代人の目に関する悩みは社会問題にまで発展しています。


年々顧客数が増加傾向にあり、実際に目の悩みが増えていることを実感しています。

一度『目の美容院』へ来てくれた方はその良さを実感しており、リピート率も非常に高い数値を記録しております。


そのような状況からも、「目の美容院」への来店する方、「目の美容院」をフランチャイズとして始める方も増えています。


コロナ禍でもFC店舗を10店舗拡大できる理由として、目に関する悩みが社会問題になっていることに加え、眼に特化したサロンはまだ他にないことも考えられます。


−目の美容院の良さとは?−


元々美に関する事業をやっていたなかで「美の究極は、目をぱっちりしておかないといけない、目は心の窓である」といった考えから、化粧品・アパレル・補正下着で体のこと、足のことを学びました。


そして、独立し目に関するリラクを開業。


『目の美容院』はアイケアを中心に、フェイスライン・足裏・手等を始めとする全身マッサージを行い、目元だけでなく全身の疲労感を緩和。

目元の悩みを内側から解決に導くサポートを致します。


中医学をベースにし、経路に沿って「ハンド」「磁気」を用いて身体全体の自然治癒力を促す施術を行っています。

さらに、高濃度酸素を吸っていただきながらのお手入れにより、全身にリフレッシュ感を覚えていただけるでしょう。


施術を受けていただくことで、体全体の血の巡りの促進により眼疲労を和らげます。


健康の秘訣は目にありました。

POINT1.磁気

磁気美容「磁気のちから」でツボケア

POINT2.酸素

高濃度酸素を吸いながら疲労回復と血液さらさらリフレッシュ

POINT3.手技

中医学に基づいたツボ刺激で疲れをリセット


施術は、技術指導・研修を積んだ本部認定スタッフであるアイソロジストが担当。

目の美容院で血の巡りを良くし、目の疲れを癒すことができます。


実際に、代表取締役の大野木眞理は自身も施術を受け、老眼なしで視力1.2を維持しております。


−目の美容院の今後の展望は?−


これからの時代、目に負担がかかり目に関する悩みが増えるからこそ、そこに対して目の美容院で現代人の悩みに寄り添うこのビジネスを広めていこうと今後もより多くの店舗展開をFC含めて拡大をしていく予定です。




行動者ストーリー詳細へ
PR TIMES STORYトップへ
PR TIMES
PR TIMES
記事 44458
データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。