オードリー若林が斎藤茂太賞受賞

旅に関わる優れた著書に贈られる「第3回斎藤茂太賞」の授賞式が7月26日東京・千代田区で行われ、オードリー若林正恭さんの「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」が受賞した。

この記事の画像(6枚)

若林正恭
「ピュアな視点」と「ものの考え方」ということで評価していただいたということなんですけど、僕今年39歳で「ピュア」って言われていていいのかなぁって(笑)

受賞作はキューバ旅行のエッセイ

この本は、若林さんが2016年に3泊5日で訪れたキューバ旅行の様子をつづったエッセイ本。

授賞式後にレギュラー番組で一緒に司会を務めている宮司愛海アナウンサーがインタビュー…

宮司愛海
去年、この時期ぐらいに若林さん、この本をくださったじゃないですか

若林正恭
そうなのよ。「読んでください」って渡すタイプじゃないのよ。でもキューバ行きたいって言ったから勇気を出して渡したのよ。マジで感想一言も言わなかったでしょ?

宮司愛海
読みました!!

若林正恭
気にしてたんだって…

宮司愛海
ごめんなさい。本当に面白かったです。最後の方とかグッときましたし…

若林正恭
今言うのかい それ(笑)1年たってるんだぞ 渡してから!

宮司愛海
今回の受賞について春日さんは何かおっしゃっていましたか?

若林正恭
人に興味がない男ですからね。あんまり興味がないんじゃないですかね

宮司愛海
これからきっと若林先生って呼ばれていくことになるであろうことに、(春日さんは)焦りを感じてらっしゃったりしないんですかね?

若林正恭
あの宮司さんね…「先生って呼ばれないと思うよ(笑)

宮司愛海
そうですか?

若林正恭
それはね、いじってる…「若林先生」っていじってくる共演者・制作スタッフいたら、それはいじっているととらえて、めちゃめちゃ突っ込むよ!俺は

最後はホロリと泣ける内容が話題に

軽部真一キャスター:
若林「先生」おめでとうございます。今回は190冊の中から選出されたんですって…

宮司愛海
すごいですよね。芥川賞受賞のピース・又吉直樹さん、向田邦子賞受賞のバカリズムさんに続く、お笑い界からの受賞ですね!

軽部真一
皆さん文才があるわけですよね。若林さんはこれが2作目の著書で、キューバ旅行の様子をつづったエッセイなんですが、最後にホロリと泣ける内容になっているということが話題になっています。ちなみに宮司アナウンサーはキューバには行かず、カンボジアに行ったそうです(笑)

(めざましテレビ7月27日放送より)