大手コンビニで、新型コロナウイルスの感染リスクを考慮した新たな取り組み。

これは、ローソンが緊急事態宣言の対象地域の店舗に順次導入するもので、利用客と従業員の間での安全を確保するため、レジカウンターに透明のビニールシートが設けられる。

セブン-イレブンでも、一部の店舗でこうした対策を行っているほか、レジの順番を待つ利用客が間隔を開けて並べるよう、床に印をつける対策も始まっている。