岸田首相は、東京など首都圏を含む1都12県に対し、まん延防止等重点措置を3週間程度の期間、適用する方針を表明した。あす正式に決定する方針。

岸田首相が重点措置の適用を表明したのは、東京、埼玉、千葉、神奈川、群馬、新潟、岐阜、愛知、三重、香川、長崎、熊本、宮崎の1都12県。

岸田首相は、18日、関係閣僚と協議して政府の方針を固め、19日に専門家の意見を聞いた上で正式に決定される見通し。期間は、21日から来月13日までの3週間程度となる。

政治部
政治部
記事 833