15日午前、大学入学共通テストが行われる東京大学の前で、受験生ら3人が刺されてケガをした事件で、逮捕された高校生が「目指している医者になれないのなら、このまま自殺しようと考え、ノコギリなどを用意した」と供述していることが分かった。

この事件は、15日午前、東京大学弥生キャンパス(文京区)の前の路上で、共通テストを受けに来た受験生ら3人が、刃物で背中を刺されたもの。3人のうち72歳の男性は重傷で、男子高校生はケガをして入院している。もう1人の女子高生(17)は軽傷を負った。

受験生らが刺された東大弥生キャンパス前(午前10時前)
この記事の画像(3枚)
受験生ら3人は東大前の路上で刺された(午前10時前)

名古屋市在住の17歳の高校生の少年が、その場で取り押さえられ、殺人未遂の現行犯で逮捕された。少年は、夜行バスに乗って、15日朝上京し、そのまま地下鉄を乗り継いで、現場の東大前に移動していたという。

調べに対して少年は、「医者になるために東京大学を目指して勉強を続けてきましたが、1年くらい前から成績があがらず自信をなくしてしまいました」「目指している医者になれないのなら、このまま自殺しようと考えるようになりました」と供述している。

また「自殺する前に、人を殺して罪悪感を背負って切腹しようと考えるようになり、包丁やナイフ、金属ノコギリを買って用意しました」などと話している。実際、少年は、長さ12センチの包丁に、およそ20センチのノコギリ、ツールナイフを所持していたという。

今回の事件について、警視庁では、少年犯罪を専門に捜査する少年事件課が担当。今後、犯行の経緯などを調べる方針だ。