正月飾りや古いお守りなどを燃やして、今年1年の無病息災を祈るお火たき神事が佐賀市の佐嘉神社で行われました。

お火たき神事は、古いお守りやお札しめ縄といった正月飾りなどを燃やして、無病息災を祈る小正月の恒例行事です。佐賀市の佐嘉神社では、高さ3メートルほどのお火たき斎場に火がつけられ、瞬く間に燃え上がりました。

お火たきの煙を浴びると無病息災になると言い伝えられていて、参拝者は燃え上がる炎を見つめながら今年1年の健康などを祈っていました。