ビザを再び取り消されたテニスのジョコビッチ選手が15日、オーストラリアの当局に拘束された。

強制送還される可能性も出ている。

ジョコビッチ選手は15日、オーストラリアの当局に拘束され、午後、ホテルに移送された。

裁判所の審理も15日から始まり、ジョコビッチ選手側は「今回の措置は、政治的な動機による決定のように見える」と反発している。

16日の日本時間午前7時半から本格的な審理が行われる予定で、オーストラリア政府は、ジョコビッチ選手を17日開幕の全豪オープンに出場させず、強制送還したい考えだとみられている。