那覇市の神社では去年の御札やお守りに感謝を捧げて焚き上げるドンド焼きが行われました。

波上宮で行われたドンド焼きは宮司が役目を終えたお守りや御札などを清め今年の無病息災を願いながら焚き上げました。

▽参加者は
「ありがとうございましたという感じで、無事に1年を過ごせたので(今年は)コロナが早く収束してもらえるとと思っています」

「楽しくて、みんな笑顔で暮らしたいです」

「コロナも今とても大変なので早く子どもたちが楽しく制限なく遊んだりお勉強したり色んな経験ができたらいいなと思っています」
「修学旅行とかみんなで泊まったりして楽しく過ごしたい」

参加した人たちは去年1年間を振り返りつつ今年も健康に過ごせるようにと願っていました。