15日、これまでに確認された新型コロナウイルスの感染者は、全国で2日連続で2万人を超えている。

15日、東京都では、新たに4,561人の感染が確認され、先週土曜日の1,224人から3,337人増えた。

また、まん延防止等重点措置が適用されている沖縄県では1,829人、広島県では1,212人と、いずれも過去最多となったほか、山口県では220人の感染が判明した。

このほか、大阪府で3,692人、兵庫県で1,191人など、あわせて10の府と県でこれまでで最も多い感染者数となっていて、全国では、午後5時15分時点で2万2,662人の感染と5人の死亡が確認されている。

一方、オミクロン株の死者が、2人確認された。

1月12日に死亡が発表された静岡市の高齢男性と、千葉県で1月11日に死亡が確認された90代以上の女性で、国内初めてのオミクロン株での死亡となる。

【関連記事はこちら】
>>>【データでみる新型コロナ/ワクチン】特設ページ