長野・軽井沢町で15人が犠牲となったスキーバス事故から6年。

事故現場に運行会社社長が訪れ、あらためて謝罪した。

2016年1月、国道のバイパスを走行中のスキーバスが道路下に転落。

大学生など15人が死亡、26人が重軽傷を負った。

6年たった15日朝、公判中の運行会社社長が献花に訪れ、あらためて関係者に謝罪した。

バス運行会社・高橋美作社長「当時と変わることなく、ただただ申し訳ないという気持ちで手を合わせた」

15日、現場では、安全を願う遺族の集いが開かれる。