立憲民主党静岡県連は14日幹事会を開き、7月に予定される参議院議員選挙について山崎真之輔議員を推薦するかどうか協議しましたが、結論は出ませんでした。

今回改選を迎える山崎議員をめぐっては、去年の補欠選挙で立憲民主党と国民民主党の推薦を受け初当選しましたが、直後に過去の女性問題が報じられ概ね事実と認めた上で謝罪しました。

14日に非公開で行われた幹事会では、夏の参院選に向けた対応も協議しましたが、独自候補の擁立を求める声が複数挙がった一方山崎議員を推す声はなかったということです。

立憲民主党 渡辺周 県連代表
「(女性問題について)客観的なケジメは必要だろうと言っていますが、今のところ我々が出した条件というか宿題についてはまだ何の回答もございません」

県連は山崎議員の対応を見定めた上で改めて協議の場を設け推薦について検討する方針です。