高岡市のメーカーが製造する自動車用ホイールが、モータースポーツの最高峰「F1」などの統一ホイールとして、独占供給されることが決まりました。
高岡発の技術が今後、世界ブランドとして自動車レースで活躍します。

14日、千葉県の幕張メッセで開かれた「東京オートサロン2022」。
日本の主要自動車メーカーなどが、最先端のトレンドを発信する世界最大級のカスタムカーの祭典です。
会場の一角で注目されていたのが、高岡市に本社と工場を置く自動車用ホイールメーカーBBSジャパン。

今回、BBSジャパンが製造するホイールが、モータースポーツの最高峰「フォーミュラワン」いわゆる「F1」や、アメリカの代表的カーレース「NASCAR」の統一ホイールとして採用されることが決定し、14日正式に発表されました。
今年からF1では4年間、NASCARでは3年間、BBSジャパンがホイールを独占供給します。

BBS製ホイールの一番の特徴は「鍛造」であること。
鍛造とは、熱した金属にプレス機などで圧力をかけ形を作っていく製法で、軽くて強靭なホイールを作ることができます。

今回の独占供給は、高岡発の技術が世界に認められた大きな成果といえます。

*BBSジャパン 北秀孝社長「(高岡で)我々がホイールを作るのも、そこに根付く技術があり、働く人たちの性格が向いている。(高岡で)さらにレベルを上げ、今後も世界にアピールできるホイールを作り続けたいし、作り続けられる場所だと思っている」