黒部の名水で仕込む昔ながらの味わいが人気の糀みその生産が始まっています。

黒部産の大豆エンレイとコシヒカリを発酵させた糀を使い、名水で仕込む「黒部名水糀みそ」。
JAくろべの加工場では今週から生産が始まり、14日も作業員が圧力釜で蒸した大豆をミンチ状にして、糀や塩と、井戸から汲み上げた名水を混ぜ合わせる作業に追われていました。

昔ながらの懐かしい味わいが人気の糀みそは、ほとんどが注文による販売で1月下旬から順次発送されるということです。

※グリーンパワーくろべ 草野克弥さん「地元黒部のコメと大豆を使って、無添加で体にやさしい味噌」

「黒部名水糀みそ」は、3月初めまで例年並みの30トンが仕込まれる予定で、注文による発送のほかJAくろべの直売所でも販売されます。