リニア新幹線の工事について検証する静岡県の専門部会は14日、国の有識者会議で出された中間報告について委員の意見をまとめ、国に提出しました。

リニア工事をめぐっては、国の有識者会議が12月にトンネル工事による大井川の水の問題について中間報告をまとめ、県の専門部会に意見を求めていました。

これに対し県は専門部会の意見を取りまとめ、14日国に提出しました。

中間報告で中下流域への影響は小さいとされたことについて、委員からは「有識者会議の委員が発言した趣旨が適切に反映されたとは言えない」などと否定的な意見が出されました。

また県が求めている湧水の全量戻しの記載については「県の専門部会での議論を超える方策はなく未解決のまま」などとして、具体的な方策を求める意見が上がりました。

県は1月20日に、国の中間報告の内容を大井川流域の市町に説明する予定です。