女子テニスプレーヤーの大坂なおみ選手が2021年、65億円を稼ぎ、女性アスリートの中で1位だった。

アメリカの経済誌「フォーブス」は13日、大坂なおみ選手の2021年の収入が、賞金やスポンサー料などあわせて5,730万ドル、日本円でおよそ65億2,000万円で、女性アスリートとして史上最高額を記録したと発表した。

大坂選手はこの1年半で、10を超えるブランドと契約を結んでいて、試合での賞金はおよそ2億6,000万円だったが、それ以外の収入が、およそ62億7,000万円あったという。

大坂選手は、前回もおよそ43億円の収入があり、1位だった。