韓国で、新型コロナウイルス飲み薬の処方が始まった。

韓国で、アメリカのファイザー製新型コロナ治療薬「パクスロビド」が、薬局や医療機関に運ばれ、処方が始まった。

65歳以上や重症化リスクの高い人のうち、在宅治療や軽症者向け施設に入所した人が対象で、韓国の保健当局は、1日あたりおよそ1,000人、1月中にあわせて3万1,000人分を供給する予定。