北上川をきれいしようと流域の自治体の児童の図画コンクールが行われ、入賞作品が1月14日から岩手県盛岡市のショッピングセンターに展示されている。

このコンクールは、岩手河川国道事務所などで構成する団体が企画したもので、盛岡市のイオンモール盛岡南で展示会が行われている。
今回、北上市など北上川流域の市や町の小学生の306作品の中から63作品が入賞に選ばれた。
展示会場には、きらきらと輝く川を表したものなど児童の力作が並んでいる。

図画部門 金賞 坂本夏生さん(滝沢第二小 5年)
「みんなも川をきれいにしてくれるかなという思いで描きました」

ポスター部門では、川のごみ拾いをして生き物たちが喜んでいる様子を描いた小林和加奈さん(黒沢尻東小 4年)の作品が特選に輝いた。

入賞作品は1月23日まで展示されている。