東京都の小池知事は、病床使用率が20%を超えたら、 「まん延防止等重点措置」を、 50%超えたら「緊急事態宣言」の要請を検討する方針を示している。
 
東京都の病床使用率は 今月1日には3.3%だったが、13日時点で15.1%となっていて、まん延防止等重点措置を検討する基準の20%の目前に迫っている。

専門家からは「感染者を入院させるか、自宅や宿泊療養なのか効率的に選定し、円滑に移行できる体制を構築する必要がある」との指摘が出されている。

オミクロン株の感染が、急速に拡大する中、「感染は止める、社会は止めない」という難題にいかに取り組んで行くのか、小池知事の舵取りが注目される。

※ストリーミングのため、配信が遅れることがあります

関連記事
【東京都 病床使用率20%で「まん延防止」 50%で「緊急事態」 そして「2月下旬に20万人」試算も】

【東京都の感染者 9割超がオミクロン株 小池知事が危機感】