15日から始まる「大学入学共通テスト」に向けて、試験会場では、新型コロナウイルスの感染対策を含めた準備が進められている。

「大学入学共通テスト」の会場となる京都市の大学では、受験生にマスク着用を呼びかけるほか、教室に入る人数を収容定員の半分以下にするなど、感染対策がとられる。

この会場では別室を10部屋用意していて、濃厚接触者となった受験生に対応する。

大学の担当者「濃厚接触者については、別の建物の試験室で、アクリル板を設置してという対策を考えている」

大学の担当者は、「できる対策を万全にしているので、安心して受験してほしい」と話している。