県内は強い寒気が流れ込み、広い範囲で雪となっていて、あす14日にかけて大雪に警戒が必要です。
現在、県内の山間部に大雪警報が出ていて、雪は13日夜から14日明け方にかけてがピークとみられ、平野部でも大雪となるおそれがあります。

強い冬型の気圧配置の影響で県内は広い範囲で雪が降っていて、午後5時現在の積雪は、富山市で27センチ、高岡市伏木で18センチなどとなっています。(魚津市9センチ・猪谷77センチ)

現在、県内の山間部に大雪警報が出ていて、14日午後6時までの24時間に降る雪の量は、多いところで平野部で40センチ、山間部で70センチと予想されています。

雪は13日夜から14日明け方にかけてピークとみられ、平野部でも大雪となるおそれがあり、最新の気象情報に注意が必要です。

このため、ネクスコ中日本は、東海北陸自動車道の福光インターチェンジと白川郷インターチェンジの間の上下線を午後6時から通行止めとしています。

また、雪の影響でJR高山本線で特急列車2本の運休が決まっているほか、富山空港発着の空の便は、羽田行き1便目を除きすべて欠航となっています。
(13日午後6時頃の状況)