回転ずしチェーン店「すし銚子丸」で、客41人がノロウイルスによる集団食中毒。

東京都によると、2021年12月29日、東京・練馬区の「すし銚子丸 大泉インター店」で飲食をした客41人が嘔吐(おうと)や下痢などの症状を訴えた。

保健所が調査したところ、客からノロウイルスが検出され、全員軽症だという。

調理を担当する従業員からもノロウイルスが検出され、保健所は、この従業員が調理した食品を介して客が感染したと断定し、店を3日間の営業停止処分にした。

都内のノロウイルスによる食中毒は減少傾向にあり、2021年は、新型コロナウイルスの感染防止対策もあり、7件と過去最少になっている。