2021年12月、岩手県盛岡市内のマンションで正当な理由なく包丁を持っていたとして逮捕されていた男性について、盛岡地方検察庁は1月12日、不起訴処分とした。

不起訴処分となったのは、盛岡市に住む63歳の無職の男性。
男性は2021年12月23日、盛岡市内のマンションの共有スペースで正当な理由がないのに包丁を持っていたとして銃刀法違反の疑いで逮捕・送検され、警察の調べに対し容疑を認めていた。

盛岡地検は、不起訴処分の理由について「事件後の状況などを考慮した」とコメントしている。