岩手県内では強風による倒木などにより、1月12日から13日にかけ、のべ2000戸余りで停電が発生した。

報告:舟野洋平カメラマン
「大きな木が倒れ、電線にかかり電信柱が折れています」

陸前高田市広田町では、強風による倒木で電線が切れたため、12日午後5時半から約7時間半にわたって停電が発生した。

地元住民は…
「(倒木の際は)雷のような爆竹のようなすごい音だった。その後、電気がつかなくなり寒かった」

東北電力ネットワークによると、県内では12日、雪や風の影響で述べ2076戸で停電が発生したが、現在は、全て解消している。
この他、屋根がはがれるといった住宅など5棟への被害も確認された。

なお、県内では 雪と風の峠は越えていて、このあとは、おおむね内陸では曇り、沿岸では晴れや曇りの天気となる予報。