東北新幹線は装置の故障の影響で、1月13日朝から運転見合わせが続いていて、岩手・盛岡駅でも多くの乗客が足止めの状態となった。

報告:石橋美希アナウンサー
「東北新幹線の上下線で運転を見合わせているJR盛岡駅では、JRの職員が対応に追わています」

東北新幹線は、郡山駅構内で線路の向きを切り替える装置に不具合が生じた影響で、先程まで東京~新青森間の上下線で運転を見合わせていた。
盛岡駅の改札内でも、足止めされた利用客が列を作っていた。

八戸へ向かう予定の人は…
「朝9時40分ごろの新幹線で行く予定だった。どうしようもない。別な日に行くようにスケジュール変えないと」

午前11時半現在、復旧作業が進められていて、全線での運転再開は午後1時半ごろとなる見込み。(追記:12時10分時点で、全線運転再開は午後12時半ごろに変更になった)

一方、雪や風の影響で県内の在来線では13日、花輪線、北上線などであわせて28本の列車が運休、または区間運休となっている。(12時10分時点で

また、いわて花巻空港発着便は平常運航となっていて、県内の高速道路にも通行止めの区間はない。