2020年開業した稲佐山のスロープカーの乗車人数が1月7日20万人を迎え、記念のセレモニーが開かれました。

「せーの、おめでとうございます」

20万人目となったのは、長崎市の主婦 北村 恵美 さん(36)と昇太郎 くん(2)です。

スロープカーの年間フリーパスと記念のTシャツが贈られました。

北村 恵美 さん 「とてもビックリして、こんな記念のときに来られてよかったです。季節を楽しめる公園でとってもいいと思う」

昇太郎 くん 「うれしいです」

稲佐山の中腹の駐車場から山頂までの約500メートルを8分で走るスロープカーは、全面ガラス張りとなっていて、天気がよければ軍艦島も望むことができます。

リージョナルクリエーション長崎 長崎地域連携部運営課 大岡 佑治 課長 「このコロナの中でも少しずつお客さまに集まっていただいて、ここまでこれたのが感無量じゃないですけど、やっと20万人、これから30万、50万と増やしていきたいと思っている」

長崎稲佐山スロープカーは年内までに乗客30万人を目指していて、1月31日に開業2周年を迎えます。