高校生平和大使や高校生1万人署名活動の取り組みを紹介するカレンダーが、12日、長崎市に贈られました。

長崎市役所を訪れたのは高校生1万人署名活動のメンバー6人で、教育委員会の橋田 教育長にカレンダーを手渡しました。

カレンダーでは、国内外の高校生約120人がスケッチブックに平和への思いをつづったピースブックリレーの様子が写真で紹介されています。

1万人署名活動や高校生平和大使はオンラインの活用を進めていて、コロナ禍でも2021年の1年間、核兵器廃絶と平和な世界の実現を目指す署名を集め続けました。

長崎南山高校2年 駒田 涼 さん 「全国的に世界的に見ればいろいろな平和がある。(カレンダーを通して)平和について考える機会になれば」

カレンダーは1000部寄贈される予定で、長崎市内の小中学校や公民館に配布されます。