厚生労働省の50代の男性職員が、新型コロナウイルスに感染した。

厚生労働省本省に勤務する50代の事務職の男性職員は、3月28日に発熱して以降、出勤せずに自宅療養していたが、4月6日に新型コロナウイルスの感染が確認されたという。

厚労省本省に勤務する職員の感染は初めて。

職場での男性との濃厚接触者は、確認されていないという。