内閣府は7日夜、武田防災担当相のスタッフが、新型コロナウイルスに感染したと発表した。

新型コロナウイルスに感染したのは、武田防災担当相の大臣室で庶務を担当する50代の男性職員で、数日間、高熱が続いたことからPCR検査を受け、7日に感染が確認された。

この職員は、武田防災担当相との濃厚接触はないということだが、武田防災担当相は大事を取って、7日の臨時閣議を欠席し、今後の公務も調整されることになった。

この職員と濃厚接触した大臣の秘書官を含む6人の内閣府の職員は、7日から自宅待機となっている。