政府は、新型コロナウイルスの感染拡大にともなう総額108兆円の緊急経済対策を閣議決定した。

今回の緊急経済対策は、感染収束にめどがつくまでの「緊急支援フェーズ」と、そのあとの「V字回復フェーズ」の2段階で実施するとしている。

「緊急支援フェーズ」では、収入が住民税非課税となる水準まで落ち込んだ世帯などに30万円を給付するほか、事業収入が半分以上減少した中堅・中小企業に上限200万円、個人事業者には上限100万円を給付する。

「V字回復フェーズ」では、感染拡大の収束後、観光・飲食業やイベント事業などを支援するため、消費者に割引やクーポン券などを付与するキャンペーンを実施するとしている。

民間支出も含めた事業規模は、過去最大となる108.2兆円にのぼる。