柵を突き破り線路脇に落下

東京・町田市の上空からFNNのカメラがとらえたのは、JR横浜線の線路脇に見える白い車。

この記事の画像(8枚)

柵を突き破り……

車が線路の脇に落ちている。

高台から落下し、線路脇の設置物にぶつかった状態の1台の車。
一体何が起きたのか――。

「線路に落ちた、電車止まった」運転手自ら通報

事故は1月12日正午ごろ、この車の運転手から寄せられた110番通報で明らかになった。

車を運転していた女性による通報:
車が線路にバックしながら落ちた。電車が止まった。

付近の住民が事故直後の運転手の様子を目撃していた。

近隣住民:
ベランダのお花やっていた時に、音が「あれ?おかしいな?」と思って。ぱっと見た時には車がもう止まっちゃっていて。そこからおばさんがドアを開けて出てきて電話してたから。(女性は)歩けた。電車はいなかったから。線路を渡ってこっち側でまた電話していました。

事故発生から約1時間後に撮影された写真を見ると、落下した車のすぐ近くで電車が停止している。

事故発生の約1時間後に撮影された写真 電車が停止している様子(視聴者撮影)

アクセルとブレーキ踏み間違え

事故の影響でJR横浜線は一時、中山駅から町田駅で運転を見合わせていたが、午後3時すぎに復旧した。

車を運転していたのは81歳の女性だった。線路側の駐車場にバックで止めようとしたところ、柵を突き破って転落したという。

女性は「アクセルとブレーキを踏み間違えた」などと話している。

(「イット!」1月12日放送)